イェガー千代乃アンの大学や経歴がトンデモねぇ!年齢やインスタは?

デザイナー

次回(11/17)のTBS23:00から放送の『情熱大陸』は、ランジェリーデザイナーイェガー千代乃アンさんの特集です。

一目で才色兼備なハーフ美女と分かる方ですよね。

現在はランジェリーデザイナーとして大活躍されておられますが、大学や経歴がヤバイらしいです。

そこで、イェガー千代乃アンさんの大学経歴年齢などのプロフを調べてみました!

是非最後までご覧下さいね。

イェガー千代乃アンさんの年齢や学歴、経歴は?どれだけ凄いの?

写真からも雰囲気で分かるように、イェガー千代乃アンさんは米国人の父と日本人の母との間に生まれたハーフです。

一目でかなりの美人であることが分かりますよね。

しかも、このイェガー千代乃アンさんは本当にトンデモねぇ経歴の持ち主なんです!

<イェガー千代乃アンのプロフィール>
・名前:本名不明
・生年月日:1989年生(30歳)
・出身:東京(ロンドン&ニューヨークで育つ)
・家族:米国人の父、日本人の母
・2014年にビスポークランジェリーブランド「Chiyono Anne」(チヨノ・アン)を立ち上げる

出身は東京なのですが、そのあとロンドンで育ち、ロンドン大学SOASで日本語の学位を取得します。

19歳(2008年)で早稲田大学へ留学し、その頃から下着やランジェリーに強い関心を抱くようになり「明治維新の女性の下着の変遷が、女性の服装一般及び女性の精神的解放にもたらした影響」の研究を始めます。

2012年には英国デ・モントフォート大学でファッション・ボディウェアの修士号を取得しています。

イェガー千代乃アンさんは「女性をもっと自由に、もっと美しく、着ている人が一番良いと思えるものを制作すること」を信条としているそうです。

ご両親が米国人だったり、留学を経験されている方に総じて言えることは国際感覚が豊かであるため、発想力やセンスが抜群に良いと感じます。

日本国内だけではなかなか育ちにくい美的センスではないでしょうか?

ところで、ご存知の方はたくさんいるかも知れませんが、江戸時代から明治維新の頃は女性は下着を身に付けていませんでした。

関連情報

昭和7(1932)年12月16日、日本橋白木屋百貨店(元・東急日本橋店)で火災が発生しました。しかしながら、女性はパンツを履いていなかったため、若い女性たちもロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。

この事件が女性の下着の必要性を問われるきっかけとなりました。

東京消防庁<消防マメ知識><消防雑学事典>

イェガー千代乃アンさんの店舗の場所、購入方法は?

イェガー千代乃アンさんの商品をネット上で購入することは可能です。

しかしながら、店舗の場所等は非公開とされているようです。

購入希望者からオーダーを受けてから制作するスタイルをとっているためと想像できますね。

こちらがイェガー千代乃アンさんの商品のオーダー先です。HPになっています。

Chiyono Anne official site
ビスポークランジェリーブランド「Chiyono Anne」のオフィシャルウェブサイト。あなたのアイデンティティにぴったりと寄り添う大人のラグジュアリーランジェリー/ラウンジウェアはこちら。



イェガー千代乃アンの女性ファンの反応や評判が知りたい!

若い女性に限らず、幅広く支持されていることがよくわかります。

イェガー千代乃アンさんのランジェリー制作の哲学や理念に共感を覚えている方も多いようです。



まとめ

今回はイェガー千代乃アンさんのプロフや経歴を調べてみましたが、今どきの日本人が忘れてしまっているような職人気質を肌に感じました。

11/17の『情熱大陸』の放送を楽しみにしたいと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。



コメント