ジェイビエールシントロンの戦績がヤバイ!井岡一翔は勝てるのか?勝敗予想

ボクシング

いよいよ毎年恒例の大晦日・井岡一翔選手の世界戦が目前に迫ってきましたね!

今年は井上尚弥選手他、先日は岩佐亮佑選手の王座返り咲きなど日本人ボクサーの感動的なシーンや活躍が目立った年でもありました。

さて、その井岡一翔選手が対戦するジェイビエールシントロン選手の戦績過去の対戦相手、ファイティングスタイルなども踏まえて、井岡一翔vsジェイビエールシントロン戦の勝敗予想をしてみたと思っています!

井岡一翔vsジェイビエールシントロン、勝つのはどっち?

是非最後までご覧下さいね。

ジェイビエール・シントロンの戦績や対戦相手、プロフィールなど

日本人初の四階級制覇王者で、現WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手と対戦する、シントロン選手の戦績がヤバいです…。

試合数は少ないものの未だ無敗かつ24歳という若い年齢。

軽く確認しておきましょう。

<ジェイビエール・シントロンのプロフィール>
・名前:ジェイビエール・シントロン(Jeyvier Cintron)
・出身:プエルトリコ
・誕生日:1995年2月8日 (24歳)
・身長:168cm
・リーチ:172cm
・戦績:11戦10勝(5KO)0敗1無効試合(KO率50%)
・主な対戦相手:江藤光喜(えとうこうき)

ジェイビエールシントロン選手はプエルトリコ出身のスイッチヒッターで、ハンドスピードも速いアウトボクシングスタイルです。

アマチュア時代にはあのミーシャ・アロイヤン選手との試合経験もあり、プエルトリコ史上初となるロンドンオリンピックとリオデジャネイロの2大会連続の五輪出場を成し遂げています。

残念ながら、アロイヤン選手には敗れていますがその試合での評価も非常に高い選手です。

下の画像の右がアロイヤン選手で、先日のWBSSではゾラニテテ選手と対戦して敗れています

 



ジェイビエールシントロンの特徴・ファイティングスタイルは?

特徴としては試合中の大半がサウスポーで、時折オーソドックスにスイッチして相手と間合いを取るアウトボクサーです。

相手がパンチを打つまで待って、打ち終わりと接近戦になったときにコンビネーションを打こむという戦い方をする選手です。

このコンビネーションはかなり定評がありますし、10ラウンド戦えるスタミナも確かにありますが果たして井岡一翔選手と試合した場合どうなるのでしょうか?

上の試合は、シントロン選手のプロデビュー戦(2017/4/21)の試合の模様です。

対戦相手はLeonardo Reyesというメキシカンで現在25歳の期待のホープですが、この選手は今何かとお騒がせのルイスネリ選手とも過去に対戦しており、KOで敗れています。



井岡一翔vsジェイビエール・シントロン、勝つのはどっち?試合予想

これはいつものド素人な管理人の予想なのですが、井岡一翔選手が無難に判定もしくは後半にKO/TKOで勝利するとみています。

根拠としては、シントロン選手は日本の江藤光喜選手との対戦経験があり、その試合は管理人もリアルタイムで観ていました。

恐らくですが、シントロン選手は足を使ってアウトボクシングに徹すると思われます。

井岡選手と序盤からの打ち合いには応じないと思っています。

しかしながら、回を重ねるごとに井岡選手のボディー打ちが効き始め打ち合いの末、井岡選手の勝利と予想します。ジェイビエールシントロン

繰り返しますが、ド素人の判断なのであまり真剣に考えないで下さいね(笑)

ところで、皆さんはどのような予想をされておられますか?

井岡選手?シントロン選手?

 

この投稿をInstagramで見る

 

家族. #myson #mylove #family #baby #trainingcamp #lasvegas

井岡一翔 kazuto Ioka(@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿 –

こんな可愛らしいお子さんがいらっしゃるのですから、KOで勝つしかないですよね井岡さん?



【参考記事】井岡一翔vsシントロン大晦日決戦!ズバリ勝つのはどっち?勝敗予想

まとめ

井岡選手は日本初の四階級制覇王者で、しかも普通に強いのですが試合そのものよりもプライベートの話題のほうがフォーカスされることが多いですね(笑)

まぁ、いいんですけど個人的には井岡選手、ボクシングファンが思っている以上に強い選手だと思っていますし、実際に強いです。

今回も無難に勝ってくれることは間違いないでしょう。

今年の大晦日もまたビールでも飲みながら井岡選手の勝利のガッツポーズを見て新年を迎えましょう!

井岡選手頑張って、絶対に勝てますよ!!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント