掛神淳の琴平荘(こんぴらそう)がヤバい!山形で超人気の旅館兼ラーメン屋

その他

東北・山形県で超人気ラーメン店を経営されている掛神淳さん。

ラーメン店の名前は琴平荘(こんぴらそう)ですが、そのお店がヤバいくらいの大人気とのことです!

連日長蛇の列で3時間並ばないと食べられないくらい人気で、テレビでも取り上げられるほどの有名店です。

そんな大人気のラーメン店を経営する掛神淳さんの経歴ラーメンに対する情熱、またラーメン店の場所人気の秘密を探ってみました!

是非最後までご覧下さいね。

掛神淳の経歴や年齢などプロフィールについて

掛神淳さんのプロフィールを簡単に確認しておきましょう。

・名前:掛神淳(かけがみ あつし)
・生年月日:1965年(54歳)
・出身:山形県鶴岡市
・学歴:東京国際大学中退
・家族:洋子さん(母)、知子さん(妻)、瑛さん(長男)
・趣味:ラーメン食べ歩き

店主の掛神淳さんは1965年山形県鶴岡市生まれました。

大学中退後に掛神さんの父親が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当されたそうです。

琴平荘は旅館ですが、閑散期の冬にラーメン店をやってみようという気持ちから2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを試験的にオープンされました。

その試みが大当たりで、2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店へと上り詰めました。

そんな掛神淳さんですが、ラーメン店で修行はせずに全国のラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げた醤油ラーメンを提供しているそうです。

今では連日長蛇の列のため、開店前から並ばないと食べられないほどの超人気店となっています。

お店正面

お店の中(畳お座敷)

この「暖簾(のれん)」「畳の座敷」も老舗(しにせ)風な感じで、見つけたら食べてみたくなるような食欲をそそる雰囲気を持っている感じがしますね。



掛神淳の琴平荘の人気の秘密は?

掛神さんのお店「琴平荘」は、もともとは旅館です。

しかしながら、山形という土地柄のせいで冬場は観光客も少なくなるため、試験的に冬場にラーメン店を出してみようとしたのが始まりでした。

今では日本全体の人口が減っていることもあり、観光客が慢性的に減ってきていることから、旅館業よりもラーメン店の方が繁盛しているという事情もあるようです。

さて、掛神さんのラーメンがなぜ人気かというと琴平荘で提供されるラーメンは、「あっさり」と「こってり」のスープに自家製の「ちぢれ麺」という、どちらのスープも飽きさせずスープを楽しむことができる点が1つ。

また、期間限定というプレミアム感にあります。

山形県民だけではなく、全国からファンが押し寄せることからも福岡の豚骨ラーメンのように独特な癖があるわけでもなく醤油と出汁を楽しむことができます。

上の動画は2018年に開催された酒田ラーメンexpoに出場されるときの掛神淳さんのコメントです。

ラーメン店舗数全国1位の山形県

NTT東西のタウンページデータベースをもとにした17年の調査結果によると、人口10万人当たりのラーメン店舗数で、山形県は67.41軒で、日本一である。第2位の栃木県が48.67軒、全国平均が25.17軒だ。山形県には、全国平均の約3倍のラーメン店が存在しているという。

また、総務省の「家計調査」(17年3月発表)によると、「年間1世帯当たりの中華そば(外食)の支出金額」は、山形市が15622円で第1位。第2位の新潟市が11900円、全国平均が5929円だというから、山形市民は、全国平均の約3倍もラーメンに支出していることになる。

ラーメン県というと、先入観からかどうしても福岡県か北海道を思い浮かべてしまいますが、なんと山形県が全国1位なんですね!

そんな激戦区の山形県にあって、琴平荘が大人気とはよほどの美味しさなのが分かります。



掛神淳の琴平荘のある場所は?美味しいラーメンが食べたい!

こうして見てくると、山形県まで行って琴平荘のラーメンが食べたくなりますよね。

場所や営業時間、メニューなどが気になります。

どこにあるのでしょうか?

琴平荘の住所・場所

住所 : 山形県鶴岡市三瀬己381-46
営業時間 : 11時〜14時
※10月1日から翌年5月31日まで
冬期間のみ営業
電話番号 : 0235-73-3230
定休日 : 木曜日
WEB : http://www8.plala.or.jp/konpira/

琴平荘のラーメンのメニュー

1.中華そば

2.肉抜き中華(チャーシュー抜き)

3.チャーシュー麺

4.メンマ中華

5.大盛チャーシュー麺

これはお店のメニュー表なのですが、お店の中にたくさんのメニューの短冊があり、これら以外にも注文できるそうです。

駐車場

駐車場は琴平荘周辺に約50台ほど駐車できる敷地があります。

またコインパーキングもありますので、どちらに車を止めてもお店までは目と鼻の距離です。



まとめ

ラーメン好きの店主が独自に開発した絶品の醤油ラーメンですが、冬の期間しか食べられないと評判の「琴平荘のラーメン」を紹介してみました。

琴平荘で「絶品の醤油ラーメン」堪能してみてはいかがでしょうか?

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント