井岡一翔とロマゴン王座統一戦か?盤石の安定感王者vs元PFPの対決

ボクシング

フライ級時代から井岡一翔ローマン・ゴンザレス(Roman Gonzalez)の対戦が浮かびつつ、いつの間にか立ち消えするということが繰り返されていました。

井岡一翔は昨年の大晦日にジェイビエール・シントロンを撃破した後、ロマゴンとの対戦を希望しているような口ぶりでしたね。

それが両者ともに世界王者として統一戦が実現する可能性が出てきました。

なんと、3/1に不利と目されていたロマゴンがカリッド・ヤファイ(Khalid Yafai)を9RTKOに下し、WBA世界スーパーフライ級王者に返り咲いたのです!

ロマゴンも井岡一翔との対戦を熱望していることもあり、意外に双方のプロモーターによる試合実現に向けての協議が行われるかも知れません。

まずは、井岡一翔vsロマゴンの統一戦が実現すると仮定して、両選手の特徴やこれまでの対戦相手試合展開を含めた予想をしてみたいと思います!

是非最後までご覧下さいね。

井岡一翔と対戦した主な選手について

井岡一翔の印象的な試合と言えば、日本人同士でWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦を戦った「八重樫東(やえがしあきら)」戦ではないでしょうか?

井岡一翔は当時22歳、一方八重樫東は当時29歳で八重樫はそろそろ円熟期に入りつつある頃でしたね。

結果は井岡一翔の12R判定勝利でした。

それ以外では、アムナット・ルエンロン(Amnat Ruenroeng)戦、ファン・カルロス・レベコ(Juan Carlos Reveco)戦、ドニー・ニエテス(Donnie Nietes)戦でしょうか。

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手
2012年6月20日 勝利 12R 判定3-0 八重樫東
2012年12月31日 勝利 6R 2:50 TKO ホセ・アルフレド・ロドリゲス
2013年9月11日 勝利 7R 2:17 KO クワンタイ・シッモーセン
2013年12月31日 勝利 12R 判定3-0 フェリックス・アルバラード
2014年5月7日 敗北 12R 判定1-2 アムナット・ルエンロン
2014年12月31日 勝利 5R 2:09 KO ジャン・ピエロ・ペレス
2015年9月27日 勝利 12R 判定3-0 ロベルト・ドミンゴ・ソーサ
2015年12月31日 勝利 11R 1:57 TKO ファン・カルロス・レベコ
2016年12月31日 勝利 7R 2:51 TKO スタンプ・キャットニワット
2017年4月23日 勝利 12R 判定3-0 ノックノイ・シップラサート
2018年9月8日 勝利 10R 判定3-0 マックウィリアムズ・アローヨ
2018年12月31日 敗北 12R 判定1-2 ドニー・ニエテス
2019年6月19日 勝利 10R 1:46 TKO アストン・パリクテ
2019年12月31日 勝利 12R 判定3-0 ジェイビエール・シントロン

こうして、これまでの過去の対戦相手を見てみると、強打でブンブン振り回してくるタイプの選手はあまりいないですね。

どちらかというと、それなりにパンチもあるけどテクニックやインサイドワークで試合を作っていくタイプの選手との対戦が多く、井岡一翔もその部類に入ると考えて良いでしょう。

冒頭でも少し触れましたが、ロマゴンが世界王者として復活してくれました!

ヤファイを終始圧倒し、全盛期と変わらない動きで驚きましたね(笑)

さすが元PFPロマゴン!!

井岡一翔はかつてロマゴンとの対戦については以下のように述べていました。

「統一戦、世界的に名のある選手、ローマン・ゴンサレスなど、この階級にいい選手が揃っているので、そのあたり誰とでもあれば、自分が思っている試合ができるのではと思っている

<出典>eFight

「鉄は熱いうちに打て」という格言にもある通り、お互いの気が変わらないうちに、早速対戦の調整に入って欲しいものですね!

さて、どっちが勝つでしょうか?

井岡一翔の問題点やウイークポイントはあるの?

井岡一翔が苦手としているタイプは、頭から突っ込んできてブンブン打つタイプとアムナットのようなリーチが極端に長い上にアッパーを得意とする選手です。

しかしながら、ここ数年の井岡一翔の試合を見ていて感じるのは、自分のボクシングに自信がみなぎっていることと、若い頃から多用していたボディー打ちが的確になってきた印象があります。

決して打たれ強い選手ではないので、時々ダウンを奪われることもありますが、最終的にはポイントでリードしての勝利か、ボディー打ちを連打してのKO勝利が多いですね。

本当に安定感が増してきており、選手としては盤石な状態と言っても過言ではないでしょうね。

井岡一翔のプライベートな事案は解決したの?

いろいろあったプライベートですが、谷村奈南さんとも離婚が成立し、双方とも別々の人生を歩まれているようですね。

谷村奈南さんはタレント活動を再開していますし、井岡一翔は別の伴侶を得て子供もいるようです。

谷村さんと一緒に写っている男は誰かと思えば、大山峻護ですね。

ダンヘンとかミルコ、グレイシー一族との試合が思い出されます。

下は現在の井岡夫妻とその子供の写真です。

世界王者としても安定してきていますし、本当にお幸せそうで何より!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aloha.✨ . #井岡一翔 #family #hawaii #sea #pairlook

井岡一翔 (@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿 –

父・井岡一法(かずのり)さんとの関係はどうなったの?

井岡一翔の父親である井岡一法さんとは、脱税問題や井岡一翔の前妻(谷村さん)との件で、相当揉めたようですし現在も付き合いは絶たれた状態にあるようです。

大阪にある井岡ボクシングジムの会長は現在は一法氏の弟の井岡弘樹さんが就任しています。

関係修復にはまだまだ時間がかかりそうですね…。

井岡一翔の現在の妻(嫁)は誰?

  1. 元モデルである。
  2. まつ毛のエクステ店の経営者だった。
  3. イニシャルは「Y」である。
  4. 30代前半で井岡一翔より年上である。

しかし、あれだけInstagramにアップしていますから、どこの誰なのか判明してもおかしくないと思いますがね。



【関連記事】ヤファイvsロマゴン試合予想!勝って井岡一翔戦を目論む元PFP王者

ロマゴンと対戦した主な選手について

さて、ロマゴンですが特筆すべき対戦相手は、つい先ほど(3/1)勝利したばかりのカリッド・ヤファイでしょう。

9Rが開始してすぐにロマゴンの強烈な右ストレートがヒットし勝負あり。

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手
2008年9月15日 勝利 4R 1:59 TKO 新井田豊
2009年7月14日 勝利 12R 判定3-0 高山勝成
2011年10月1日 勝利 2R 0:36 KO オマール・ソト
2012年3月17日 勝利 1R 2:58 KO マヌエル・ヒメネス
2012年11月17日 勝利 12R 判定3-0 ファン・フランシスコ・エストラーダ
2014年9月5日 勝利 9R 2:24 TKO 八重樫東
2015年5月16日 勝利 2R 2:37 TKO エドガル・ソーサ
2015年10月17日 勝利 9R 2:53 TKO ブライアン・ビロリア
2016年9月10日 勝利 12R 判定3-0 カルロス・クアドラス
2017年3月18日 敗北 12R 判定0-2 シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
2017年9月9日 敗北 4R 1:18 KO シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
2018年9月15日 勝利 5R 1:44 TKO モイセス・フェンテス
2020年2月29日 勝利 9R 0:25 TKO カリッド・ヤファイ

試合前日の計量後のフェイスオフのときには、結構な体格差を感じたのですが、いざ試合となると全盛期そのままのロマゴンでした(笑)

ロマゴンは凄い選手ですね、本当に…。



【関連記事】ロマゴン(元PFP)がヤファイ狩りに挑む!井岡一翔との因縁に決着?

井岡一翔vsロマゴン戦が実現したら勝つのはどっち?試合予想

今日のローマン・ゴンザレスvsカリッド・ヤファイ戦の出来をみるとロマゴンの調子がかなり良いことが分かりました。

まさかここまで仕上げてくるとは思ってもいませんでしたね。

海外のオッズでもヤファイ有利との結果が出ています。

しかし、ここは敢えて井岡一翔有利と予想しておきましょう。

その根拠として幾つか理由を上げておきます。

  1.  接近戦を苦手としているが、突き上げるボディーアッパーでかわすことができる。
  2.  試合中の攻防のバランスが良い。特に、感情を殺して表情から状態を読み取らせない。
  3.  放ったパンチ数と相手にヒットしたパンチ数にそれほど差がない。
  4.  不用意にガードを下げる癖が無い

井岡一翔27戦25勝(14KO)2敗

ロマゴン51戦49勝(41KO)2敗



【関連記事】ロマゴン引退説から電撃復帰戦決定!相手は比嘉大吾とも対戦したアノ男

まとめ

井岡一翔vsローマン・ゴンザレス戦がいよいよ現実味を帯びてきましたね。

無敗を続けていた頃のロマゴンは井岡一翔にはかなり分の悪い選手だったと思います。

しかしながら、あれから数年が経過してロマゴンもKO負けを喫し、井岡もボクサーとして円熟味が増してきました。

もしかしたら対戦するには今が絶好のチャンスなのかもしれません。

両者の対戦が実現することと、お互いのナイスファイトに期待したいと思います!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント