スタンハンセンの現在は?ラリアットとウィー誕生の背景が面白い!

スポーツ

超獣コンビという呼び名で日本のプロレス界を席巻したスタンハンセン

パートナーのブルーザーブロディ亡き後も2000年に引退発表するまで、世界中のマット界で活躍しました。

スタンハンセンといえば、フィニッシュホールドだったラリアットやウィーと叫ぶ通称「テキサスロングホーン」などが有名ですよね。

そんなスタンハンセンですが、引退後の現在(2020年)は何をしているのでしょうか?

必殺のラリアット(ウエスタンラリアット)がハンセンの代名詞ですね。

今回はそんなハンセンの現在の様子、ウィー(テキサスロングホーン)誕生秘話や嫁(妻)息子(子供)名前顔写真などについて調べてみました!

是非最後までご覧下さいね。

スタンハンセンの現在は何をしている?

スタンハンセンの現在は、一言でいうと引退直後から「専業主夫」です。

スタンハンセンは現役の引退発表が2000年11月でした。

その翌年の2001年1月28日、全日本プロレス主催の「ジャイアント馬場三回忌追悼興行」と一緒にスタンハンセンの引退セレモニーが行われています。

その後は家族とともに、故郷である米国テキサス州に帰国しました。

しかしながら、現役時代の試合は大変ハードだったようで、全身に持病を抱え、引退後はその治療や手術で忙しかったようです。

現在は膝や背中、手首、両肩の手術で背中以外はすべて人工関節にして、普段通りの生活を送っているそうです。

自身が「特にどこも何ともない」との言葉通り、世界各地で行われるイベントでスタンハンセンの元気な姿を見ることができますね。

日本では、2019年11月16日にスタンハンセンを囲んでのファンの集い「スタン・ハンセン 夢のスペシャルディナーパーティー」が渋谷東急百貨店8Fで開催されました。

奥様(左)ハンセン(右)

同じく2019年2月には、アブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニーにも駆けつけています。

ブッチャーが車椅子で、190cmを超えるドリーファンクジュニアも年齢のせいか小柄に見えてしまいますね。

少し寂しさを感じてしまいますが。。

ブッチャー(左)ハンセン(右)

この下はテキサスレンジャーズの試合を観戦するハンセン夫妻です。

ハンセン(左)奥様(右)

これは何年のものなのか不明ですが、今は亡き白覆面の魔王ことザ・デストロイヤーと野球観戦するスタンハンセン。

ハンセン(左)デストロイヤー(右)

スタンハンセンのプロフィール

プロレスファンには余りにも有名過ぎる選手なので、簡単にご紹介します。

スタンハンセン(Stan Hansen)の本名はジョン・スタンリー・ハンセンⅢ世1949年8月29日生まれの現在71歳で、米国テキサス州の出身です。

息子が2人いて、その2人の息子も結婚して子供がいるため、現在はお爺ちゃんとして孫の世話でも大忙しとのこと。

なお、ハンセンは前妻との間にも2人子供がいて、その親権ももっているため4人の子持ちということになります。



スタンハンセンのウィーは何?

ユース!

ハンセンがリング上で名前をコールされたり、試合に勝利したときには必ず右手を突き上げて「ウィー」と雄叫びをあげます。

あの手の形から牛の品種の一つである「テキサスロングホーン」と呼ばれています。

テキサスロングホーン(牛)

ハンセンの生まれ故郷である米国テキサス州では、このテキサスロングホーンは乗馬用としても飼育されており、とにかく力強くて大きいのが特徴。

そこからヒントを得たハンセンが牛の角の形にして雄叫びを上げたのがその始まりです。

日本ではずっと「ウィーー!」と叫んでいたと思われていましたが、実は「ユース!(Youth!)」と叫んでいたとのこと(笑)

2015年10月7日に放送された「水曜日のダウンタウン」にスタン・ハンセンが出演した際に説明しています。

「俺が日本に来た当時、まわりは年上ばかりで俺が一番若い世代だったんだ」

「俺たち若者が上の世代を食ってやるぞ、という気持ちをユース(Youth)に表していた

<出典>JCASTニュース

ハンセンよりも上の世代の人気外国人レスラーであれば、ザ・ファンクスアブドーラ・ザ・ブッチャーミル・マスカラスビル・ロビンソンあたりでしょうか。

ドリーファンクJr.(左)テリーファンク(右)

アブドーラ・ザ・ブッチャー

ミス・マスカラス

ビル・ロビンソン

確かにこうしてみると、ハンセンより10歳くらい上の世代ですね。

しかもビッグネームばかりですし、「俺たちが食ってやるぞ!」という闘志を燃やすのも理解できます。

記憶が正しければですが、ハンセンはこの中ではビルロビンソン以外とは全員とタッグを組んで試合をしています。

ひょっとしたら、海外の試合ではロビンソンともタッグを組んだことがあるかもしれませんが。



スタンハンセンの妻(嫁)や息子の年齢や名前は?

ユミ・ハンセンさん

スタンハンセンの妻(嫁)が日本人であり、ハンセン自身も親日家として有名ですよね。

ハンセンの妻(嫁)の名前は、ユミさんという神奈川県大和市出身の女性で、ハンセンが31歳でユミさん18歳の頃に交際がスタートしました。

しかも驚きなのは、まだ予備校生だったユミさんにハンセンが一方的に一目惚れしての交際と結婚でした。

この時は既にハンセンはバツイチで離婚歴があり、前妻との間には一男一女の2人の子供がいました。

親権は2人ともハンセンが持っているため、ハンセンには4人の子供がいることになります。

日本で活躍し、長期不在を繰り返すハンセンに前妻が嫌気をさしたことが離婚の原因と言われています。

でも、当時の売れっ子スタンハンセンのファイトマネーは週1万ドルですよ?

ユミさんはハンセンより3歳年下なので、現在68歳になります。

次は息子さんたちの情報をみてみましょう。

長男のシェーバー・ハンセン

シェーバーさん(左)サミュエルさん(右)

1987年12月19日生まれの現在32歳で、米国コロラド州の高校とテキサス州の大学を卒業しています。

弟のサミュエルと一緒に全米野球選抜チームにも選ばれ、日本にも来日したことがあります。

更に驚きなのは、日本のスーパースター・鈴木イチローが在籍していたシアトル・マリナーズに6巡目で指名されて入団しています。

ハンセン本人の情報によれば、現在のサミュエルさんは保険会社の営業をしているそうです。

「3年間野球をやり、その後は学業に戻ってテキサスのベイラー大学を卒業した」

「今は、保険会社の営業をやっているよ」(ハンセン談)

<出典>日刊スポーツ

次男のサミュエル・ハンセン

次男のサミュエルは詳しい情報が無いのですが、兄のシェーバーより3歳年下なので、現在29歳です。

米国で何かビジネスマンをされているのでは?と想像しています。



まとめ

幼い頃に195cm、140kgという人間離れをしたスタン・ハンセン、同じく198cm、140kgのブルーザー・ブロディを初めて見たときは興奮ではなく、単純に恐怖心で足がすくんだことを鮮明に記憶しています。

同じ人間とは思えないくらいのサイズで本当に怖かったですね。

馬場さん鶴田さん、三沢さん小橋さんなど、全日本プロレスのエース級、一方アンドレ・ザ・ジャイアント、テリー・ゴディ、スティーヴ・ウイリアムスなどの一流助っ人外国人との連日の抗争。

そりゃ、身体もボロボロになりますよね。。

しかも大学の先輩で同じアメフトで釜の飯を食べた盟友ブルーザー・ブロディの不慮の事故死。

こんな辛い出来事を乗り越えてのPWF/UN/インターナショナルヘビー級の三冠統一王者のとなったスタン・ハンセンのプロ根性。

強く、大きく、無敵でありながら心優しき繊維な男スタン・ハンセンという歴代最強の助っ人外国人レスラー。

スタン・ハンセンが戦う姿をを見て育った昭和の男の子たちは一生あなたを忘れることはないでしょう。

病気や怪我には気をつけて、これからも何度でも来日して元気な姿を見せて欲しいものです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント