ノブハヤシは現在白血病を克服?伝説K1戦士に20年越しリベンジ!

格闘家

ノブハヤシ選手は風貌だけではなく、K1ファイターとしても若干異色の経歴を持っています。

異色といっても日本国内でトレーニングを積んでK1ファイターになったわけではなく、オランダの名門ジム・ドージョーチャクリキに単身でわたりそこでK1の基礎を叩き込まれました。

つまり、ノブハヤシ選手は逆輸入ファイターということになります。

このドージョーチャクリキジムにはあのピーターアーツ選手とか、もはや生ける伝説レベルのブランコシカティック選手などが在籍しており、彼らと切磋琢磨しながら強くなっていった選手です。

しかしながら、ファイターとして脂が乗り切った31歳の頃、急性骨髄性白血病に罹患してていることが判明しました。

そのノブハヤシ選手ですが、見事難病を克服され2019/12/1に総合格闘家の青木真也選手と異種格闘技戦に挑むことが決まりました!

ノブハヤシ選手の経歴戦績プロフィールなどを調べつつ青木真也選手との勝負の行方も予想してみたいですね!

で、ノブハヤシ選手が勝利した伝説のK1戦士とは一体誰なのでしょうか?

是非最後までご覧下さいね。

ノブハヤシの経歴や戦績、プロフィールについて

ノブハヤシ選手は、同じK1ファイターの魔裟斗選手や武蔵選手ほど知られてはいないと思いますので、彼のプロフィールを確認しておきたいと思います。

管理人は個人的にはかなり思い入れのあるファイターでした。

<ノブハヤシのプロフィール>
・名前:林伸樹(はやしのぶき)
・生年月日:1978年4月27日(41歳
・出身:徳島県徳島市
・身長:190cm
・体重:115kg
・階級:ヘビー級
・戦績:18勝(7KO)23敗1分1無効試合

ノブハヤシ選手は、見ての通り日本人ファイターとしては圧倒的に体格的に恵まれていました。

同じ日本人のヘビー級ファイターの武蔵選手でも身長は185cmで、ピーターアーツ選手やアーネストホースト選手と対戦するとやや体格負けする印象がありましたね。

ノブハヤシ選手は、外国人選手に引けを取らず打たれ強く、パンチ力もありました。

優勝候補に勝ってくれるのではないかという期待を抱かせてくれる選手だったと思います。



ノブハヤシがリベンジを果たした伝説的ファイターって誰なの?現在の病状は?

ノブハヤシ選手は急性骨髄性白血病に罹患したときは、誰もが死をも覚悟したと思います。

実は管理人の脳裏にも嫌な記憶が蘇りました。

というのもスイス出身でありながら日本を心底愛し立ち振る舞い所作マインドまでもが完璧な日本人そのもののK1ファイター・アンディフグという選手がいました。

小柄でも圧倒的な強さでしたから、記憶に残っているファンも多いと思います。

アンディフグ選手はノブハヤシ選手と同じ急性骨髄性白血病で2000年8月24日、帰らぬ人となっています。

ノブハヤシ選手は、現在は一時の危機的状況を乗り越え、投薬で治療を続けています。

投薬量も少し減ったとのことなので、順調に回復されていると考えて良さそうですね!

しかも、何と来月の12/1に青木真也選手と異種格闘技戦を戦うのですよ?

素晴らしい回復ぶりじゃないですか?

青木真也選手は言わずもがなですが、宇野薫選手や桜井マッハ速人選手らと激闘を繰り広げた総合格闘技ファンでは知らない人は居ないほどの実力の持ち主です。

このような危険な相手と異種格闘技戦に挑むノブハヤシ選手ですが、そこまで病気が回復されている証左でもありますよね。

先ほど少し触れたアンディフグ選手とノブハヤシ選手はある因縁があり、アンディフグ選手が亡くなる「最後の対戦相手」ノブハヤシ選手だったのです。

アンディフグ選手の1ラウンド2:05KO勝利でした。ノブハヤシ選手の完敗です。

しかしながら、この無敵のアンディフグ選手ですら勝てなかった急性骨髄性白血病に見事打ち勝ったのがノブハヤシ選手です!

絶対に、時代を超えてのアンディフグ選手へのリベンジを果たしたと言えるでしょう!!



ノブハヤシvs青木真也の異種格闘技戦、勝負はどうなる?勝敗予想

この試合は恐らくエキシビション形式で行われると思います。

青木選手はまだお若く、現役の総合格闘家ですがノブハヤシ選手は半引退状態で、まだK1ファイターとしてやり残したことがあり後悔したくないという気持ちでリングに立ち続けています。

青木選手もノブ選手もお互いにプロフェッショナルですから、絶対にファンを楽しませてくれる試合をみせてくれると思います。

期待しましょう!



まとめ

その昔、白血病というとかつての結核なみの不治の病というイメージでしたが、最近では克服されるケースが多いですよね?

俳優の渡辺謙さんやタレントの吉井怜さんなども克服されて芸能活動を継続されています。

不治の病を見事克服し、かつ時を超えてアンディフグ選手に勝利し、今なおK1ファイターとしてリングに上がり続ける男・ノブハヤシ!

生き様として非常に惹かれるものを感じます。

無敵のブランコさんの画像をご紹介します、K1ヘビー級初代王者です。顔怖いですね。。

来月の試合楽しみにしています、お身体に気を付けて頑張って下さい!

応援しています!!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント