野々村竜太郎の現在が悲惨過ぎる!詰んだ男の3つの人生一発逆転方法とは?

その他

2013年度に政務活動費を使い195回の出張を繰り返した件について、号泣しながら釈明会見を開いた野々村竜太郎元兵庫県議会議員。
とてつもないインパクトで世界中を震撼させた号泣記者会見はもはや伝説レベルですよね!

今回は野々村竜太郎さんの現在があまりにも悲惨だという報道の裏付けと、執行猶予付きの判決が下された野々村さんの人生一発逆転方法について考えてみたいと思います。

野々村さんに限らず「人生詰んじゃったかも…」的な中高年の男が這い上がる方法は本当にないのかどうか考察してみます。

(注)この記事は決して野々村さんを誹謗中傷したり貶す意図は全くありません。

是非最後までご覧下さいね。

野々村竜太郎のプロフィール

野々村竜太郎さんはかなりの有名人なので、経歴やプロフィールは軽くおさらいする程度にしておきますね。

野々村さんは1966年生まれの現在53歳、2020年には54歳になります。

大阪府出身で高校は関西の名門・大阪府立北野高等学校を卒業し、関西大学法学部法律学科に進学しています。

北野高校に現役で合格されていますから、かなり地頭は良いだろうと想像できます。

大学卒業後に兵庫県の川西市役所の職員となっていますから、恐らく高校時代か大学時代には政界への進出という気持ちが芽生えていたのかも知れません。

2007年には本格的に政界の道へ進むために川西市役所を退職されました。

それから4年後の2011年4月には、念願かなって兵庫県議会議員選挙にて当選を果たされました。

ここまでは順調ですよね??

しかしながら、人間だれしもお金の魔力には勝てず「城崎温泉へのカラ出張費」「切手代」「マックスバリューの買い物代金」をチョロまかしてしまい敢え無く失脚…。

金額的には1000万円に満たない程度の額。

まぁ、政務費のチョロまかしは、かつての東京都知事のMさんとかIさんなどもやっていましたよね?

別に正当化するつもりはないのですが「ごめんなさい」すれば人生詰むほどになならなかったはずなのに、野々村さんは大失敗をしてしまいます。

忘れもしない2014年7月の前代未聞の号泣記者会見!!

あれで度肝を抜かれた国民がどれほどいたことか…。

しかも、顔と声と名前は二度と忘れないくらい強烈に国民の記憶にインプットされてしまいました。

ここから転落の人生が始まり、2016年の7月に執行猶予付きの懲役3年の刑を食らってしまいます。



野々村竜太郎とは一体何者だったのか?何がしたかったのか?

野々村竜太郎さんは本気で日本の政治を変えようとか、国民のために頑張ろうと思っていたかどうかは分かりませんが、政治家を志したモチベーションの一つは「虚栄心」だったと思います。

男は誰でもある程度の虚栄心や見栄やハッタリで生きてるはずです。

なので、あまりここを責めるつもりもありませんが、中には国民の税金を騙し取るのはけしからんという国民も多いでしょう。

それは確かに仰る通りで、責任は取らなければならないです。

国政や国の仕組みどころか、漢字が読めるかどうかすら怪しいタレントや〇〇ガールズ的な高齢女子政治家たちも野々村さんと大差ないと思いますね。

結局のところ、野々村さんは虚栄心を満たしつつ「先生」と呼ばれる政治家に憧れていたのだろうと思います。

国政に携わりつつ、高給取りの政治家は「世界一の福利厚生」が約束されていますから。



野々村竜太郎の起死回生の人生一発逆転方法は残されているか?

さて、ようやく本題です。

人にも会いたくなく、会えない事情がある人が食べていくには在宅ワークのような業務しか残されていないと思います。

  1. Webアプリケーション、WebデザイナーなどのWeb系のITスキルを磨く。
  2. 1に関連してPythonやPHPなどのプログラミングスキルを身に付ける。
  3. クラウドソーシングでライター業務を請け負う。

まずはここからスタートでしょうか。

野々村竜太郎さんは今年で54歳になります。

若いような若くないような、極めて微妙な年齢です。

野々村さんに限らず、40代・50代で何かやらかしてしまい「人生詰んだ」状態の中高年男は山ほどいるでしょう。

でも、詰んだからといって囲碁や将棋のように簡単に投了できるほど人生は甘くないですよね?

何とかして生きていかなければなりませんし、お金も欲しければ美味しいものも食べたいはず。

冒頭でも触れましたが、野々村竜太郎さんは北野高校を出ていますし、宅地建物取引主任者(通称:宅建)の資格を持っていますから頭は良いのでしょう。

まだ辛うじてお父様とお母様がご健在で、ご両親の年金所得で生活しているそうですから、今のうちにWebアプリケーションとかWebデザイナーのようなWeb系のスキルを身に付けるのが急務かと思います。

プログラミングはやってみたことのある人なら分かると思いますが、特別な知識も数学のセンスも特に必要ありません。

クラウドソーシング系の業務で請け負いができるようになるまでは少し時間を要すると思いますが、経歴とか職歴に取り返しのつかない瑕疵(かし)がある人は、これに一発賭けてみてはどうでしょう?

一つ問題なのはIT系の知識がない状態からのスタートは結構キツイかも知れません。

更には絶対に折れない鋼のメンタルと、結果がでるまで耐えるしつこさも要求されます。

それでも、人生を諦めてズタボロな生活をするよりはマシではありませんか??



まとめ

自分が不幸なのを何でもかんでも当時の与党(今なら自民党安倍さん)のせいにする人がいますが、結局は自分の日頃の行いの結果だったりします。

虚栄心が強ければ強いほど、見栄っ張りならなおさら落ちぶれたくはないはずなので、ここ最近のネット社会のワークスタイルを上手く利用して食つなぐのもアリじゃないでしょうか?

昔ならできなかった在宅ワークが今の時代はわりとお手軽にできるようになっています。

まだ一発逆転のチャンスが残されていると信じることができれば、少しは気持ちも落ち着きますしモチベーションも出てきます。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント