高橋里華の現在の介護理由がヤバイ!乳ガンで旦那と子育て奮闘中?

アイドル

高橋里華(たかはし りか)さんは、1990年代に初代フジテレビビジュアルクイーンして活躍し、その後はしばしばCMやドラマ、ラジオのパーソナリティーとしても活動。

高橋里さんは国民的美少女コンテストを経て、華々しくデビューしましたが34歳のときに結婚し、そのまま芸能界を引退されました。

そんな高橋里華さんの現在介護ご自身の乳がん旦那との生活子供の名前、埼京線の痴漢事件についていろいろ調べてみました。

是非最後までご覧下さいね。

高橋里華の現在は介護に追われる毎日?

高橋理華さんは34歳のときに結婚を機に芸能界を引退されています。

たびたび「爆報フライデー」(TBS)にもご出演されて、忙しい毎日を送っている姿が放送されていますよね。

高橋里香さんの現在は、義理のご両親の介護に追われる壮絶な日々の連続です。
2011年(平成23年)の東日本大震災の後に高橋里香さんの旦那(夫)の両親愛媛から東京へ呼び寄せて同居を始められたそうです

しかしながら、一緒に住み始めて数年後に義理の父親に認知症の症状が出始め、義理の母親は肝硬変を患い、W介護が必要になりました。

高橋里香さんが義理の両親の介護をする決心をしたのは、実はご自身の祖父母が認知症になったときに満足のいく介護をしてあげることができなかったからだそうです。

主婦としての仕事も大変ですが、更には義理の両親の介護まで必要となると「同居ノイローゼ」になってしまったお気持ちが良く分かります。

義理の母親は2017年5月に亡くなられておりますが、亡くなる直前まで高橋さんの懸命の介護に感謝されていたそうです。

本当に大変な毎日だったでしょうね…。

高橋里華が出場した国民的美少女コンテストグランプリは誰?

高橋里華さんが参加したのは第一回の「国民的美少女コンテスト」で、1987年(昭和62年)に開催されました。

そのときのグランプリは藤谷美紀(本名:金谷満紀子)さんです。

歌唱審査では小泉今日子さんの「木枯らしに抱かれて」を歌い、翌年の1988年に歌手・アイドルとしてデビューし、曲は「転校生」でした。

高橋里華の埼京線痴漢事件って何?

国民的美少女コンテストに入賞した高橋里華さんは当時15歳で、実家の埼玉県から埼京線で事務所のある表参道まで通っていたそうです。

その埼京線で審判に痴漢被害に遭っていたのだとか。

「特に埼京線は最悪

四方八方から手が伸びてくるんです。

乗る時間帯を変えたり、目深にかぶったキャップで髪の毛を隠し、Gパンを穿いてボーイッシュにしたんですが、あんまり効果はなかったですね」

<引用>FLASH

また、こんか逸話もあります。

1991年(平成3年)に鹿児島銀行のCMに出演された高橋里華さんは大人気で、そのときのセリフは「私と交際して下さい」でした。

そのセリフがあまりにも印象的だっただめ、銀行の窓口に高橋里華さんと自分の息子を結婚させようとする母親もいたとか。

『息子とお見合いさせてください』窓口にいらしたお客様もいたそうです」

<引用>FLASH

【関連記事】松野有里巳(ribbon)の旦那と子供は?不育症とはナンゾや?



高橋里華の旦那(夫)は誰?子供の名前は?

高橋里華さんの旦那(夫)さんは、CMディレクターでありミュージックバンド「クールジャム」の映像製作を手掛ける一般男性です。

名前は谷和夫(たに かずお)さんで、年齢や出身大学などは公表されていないので不明です。

高橋里華さんはタレント・アイドルでしたから同じ業界の関係で知り合ってご結婚されたと思います。

高橋さんの旦那(夫)さんはとても優しくて理解もあるそうですが、その理由の1つは間違いなく高橋さんが介護をしてくれているからでしょう。

いくら夫婦とは言え、認知症の父親と肝硬変を患った母親の介護をしてくれる人はなかなかいないと思います。

しかし、高橋さんは本当に頑張っておられると思います。

ところで、高橋里華さんには子供が2人います。

2010年に長女が生まれ、2013年には次女が生まれているので、現在は長女が10歳前後で小学4年生か5年生くらい、次女は小学1年生か2年生くらいですね。

ちなみにですが長女の名前は星乃歌さんです。(ほのか、と読むのでしょうか??)

【関連記事】伊藤智恵理の月9降板理由がヤバい!代役の人気アイドルKは誰?



高橋里華は乳がんの治療中って本当?

こちらについては実は高橋里香さんと名前の読み方が同じ人が乳がんだったので、検索すると「高橋里香 乳がん」と表示されるというオチでした。

高橋里香さんは乳がんではありません。

乳がんと闘っているのは「高橋梨香」さんという、岩手県盛岡市で看護師をしておられた女性です。

「奇跡のウエディング」(主婦と生活社)という本も出版されていますが、残念ながら2010年に32歳の若さで亡くなられています。

 

高橋 梨香さん(たかはし・りか=闘病記を出版した看護師)1日午後2時27分、肝不全のため盛岡市の病院で死去、36歳。岩手県出身。自宅は盛岡市下太田。葬儀・告別式は未定。喪主は夫正(ただし)氏。

<引用>Yahoo!ニュース

【関連記事】かとうれいこ最近は歌にハマまってるって本当?娘は両親に似てない!



まとめ

高橋里華さんはタレント・アイドルとしてご活躍されましたが、30代という若さで義理の両親の介護という凄まじい体験をされました。

介護ノイローゼのような症状に見舞われながらも義理の母親の最期は看取っていますし、現在も義理の父親の介護は続けておられます。

さすがに自分がこのような状況になったときに、対処しきれるのかと考えると高橋さんは本当に凄いと思いますね。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント